ピアノの音響の近隣拡散を防ぎ、本来の音で弾きたい。

sickhouse

演奏会場と自宅のピアノの音質が違うのは、ピアノの所為だけではありません。

自宅で楽器を演奏するには、その音響によって発生する様々な悩みが避けられません。本章では、ピアノに代表される楽器による音響対策を、発生から防音まで順を追ってご紹介致します。

消音技研の防音技術。

消音技研はピアノの防音対策に長年関わってまいりました。弊社の防音対策を通じて培われた技術は防音のみならず、ピアノ本来の音色を削ぐことなく演奏できる音楽住宅環境の構築をご提供いたします。

鍵盤から発する音は、本体ケース及び反響板によって増幅され空間に拡がりますが、反響板の出口付近を消音板で塞いでこの音響レベルを減少させるのが従来からの防音対策の一つです。

この方法は、近隣に届く「騒音」の音量を少なくさせますが、同時に本来の演奏音も小さくしてしまいます。高音がより吸収され、低く艶の無いこもった音質になります。

また減少した高い音を補おうと、鍵盤をより強く叩くことになります。これが家で弾くピアノが良い音に聞こえない原因のひとつです。

またピアノの周囲に、吸音目的の為か布団やキルティングが置かれているのが見受けられるのですが、go to there 後に述べますように、防音の為であれば、ほぼ意味はありません。

音源を塞ぐと言う考え方の延長線上に、居室内の一角を防音ブースで囲いピアノ本体を閉じ込めると言う方法もありますが、相応のコストは掛かります。

理想的には、家を建てる段階で、地下室にオーディオルーム鑑賞用の防音室があれば良いのですが、ここで考える防音対策とは異なります。

ピアノを空中に浮かせられたら・・・・。

ピアノを空中に浮かせて演奏することを想像してみてください。ピアノの演奏音は、直接音と壁・天井から反響する拡散音とで合成された空気伝播音と、床を通して構造体内部を伝わる固体伝播音とに分けられます。

この固体中を伝わる伝播音を遮断できればが、聞こえる音は空気伝播するピアノの源音のみとなります。

つまり空中に浮くが如く設置されたピアノは、空気伝播音以外の振動は起こさず、演奏音はピアノが本来有する音色になります。

ピアノのポテンシャルを引き出します。

弊社の無響床は、雑味の無い澄んだ音色を実現し、必要以上に指に力を入れることなく、軽やかなキータッチで高音が響く効果をもたらします。


消音技研のピアノ防音メニュー

消音技研のピアノ防音対策ロードマップは次のようになります。

個体伝播音の遮断

ピアノ演奏中の現象を思い浮かべてください。

ピアノに触れた時に、耳を塞いでも感じられる体に伝わる振動は、ピアノの重量を支える脚部を通し、床にそのまま抜けて行きます。床に伝わる振動を遮断することが、近隣への音の拡散防止の第一歩です。

壁に音を伝えない浮壁工法。

ピアノの演奏音は、弦を弾いた直接音と、室内の壁・天井・床面で反射する拡散音とが交じり合った合成音として聴こえます。

空気中を伝わる音は、壁・天井に当たるとはね返りますが、壁面を構成する素材・形状・構造により異なります。室内壁の仕上りによる反響・残響特性の変化は音楽鑑賞に於ける大きなテーマですが、ここでは省略します。

空気伝播音が壁で反射する際、音の圧力の一部は壁を通り抜けて隣へ伝わります。

気にならないレベルでも壁に耳を当てると隣室の音が聞こえる事があります。お医者さんが使う聴診器と同じ原理です。

吸音・遮音性の優れた軽量遮音パネルを用いて、壁に当たる音の圧力を下げて透過音を低減させるのが弊社の go to there 浮壁工法 です。

透過音は、壁の面密度によって決まりますので、防音性は単純に言えば、壁が厚いほど良いのですが、限度があります。居住平面の壁が占める割合が大きくては、コストに見合わず現実的ではありません。

音は逃がさず、空気を吸排する換気技術。

例えば防音の為に部屋を閉め切ると、空気の出入りが無くなり、湿度も増し楽器の調律に悪影響を与え,何より演奏者の健康に良くありません。

この相反する条件を解消するが go to there 「消音・換気クン」 です。自然換気を行い湿度調節をし、音響だけ閉じ込める事が可能になり、密閉した部屋の閉塞感がなくなります。

建物の透過損失に準じた騒音。

これらの対策により、床に伝わる振動と壁面の透過音が低減した後に残るのは、既存の床・壁・天井の透過損失に準じたピアノの音が抜けるのみとなります。

これでピアノ本来の音を最大に引き出し、近隣への「騒音」の心配を、最小に近づける事ができます。