IK式ルーバー (特許) 施設向け資料

音響遮断

IK式ルーバーの開口率は80%以上に達し、下方・水平・上方のあらゆる方向からの風雨・風雪に対して完全防水の出来るガラリ用ルーバーです。


開口率は80%以上

IK式ルーバーの開口率は80%以上に達します。

○イメージです。

○上部

soundimage1 soundimage1

相対的に小さな開口面積でより多くの換気量を得る事が可能となりますので、建物の構造強度の上からも大変有益となります。


発電所の換気窓への適用例

○上部Fix窓

○通気用欄間となりました。

soundimage1 soundimage1

写真は、水力発電所の換気窓です。施工前(左)はオーニング窓の開放により換気していました。


■施工前内側

■施工後内側

soundimage1 soundimage1

この窓の上部FIX欄間窓ガラスを一段取外し、弊社のIK式防雨・防雪ルーバーに換装しました。窓を開閉することなく換気が行へ、雨・雪はシャットアウトする手間要らずの換気口になりました。


美観を守る

soundimage1 soundimage1

仕上面より突出した位置に専用のドレインガイドを持ち、建物壁面に雨滴の染付きを防ぎ、仕上壁面の美観を長く保つ長所を持ちます。


soundimage1 soundimage1
soundimage1 soundimage1

既設のルーバーに対しても後から取付けることも出来ます。写真は既設のルーバーをIK式ルーバーに換装したものです。換気量を大量に必要とする場合にも、大変効果的です。

  • 上下並びに水平のいかなる方向の強烈な風雨に対しても防雨効果を期待できる。
  • 既設ルーバーの開口率が不足する場合、ルーバーの一部を切除してIKルーバーを取り付けることによって、防雨作用を向上させ、かつ、開口率を拡大できる。
  • スペースがコンパクトに納まる。
  • 既設ルーバーに簡易に取り付けることができる。



他のページでも、IK式ルーバーの特色である、「美観を守る」記事 を記載しています。

是非、ご覧下さい。


圧力損失


■圧力損失グラフ ■計算式
s1 s2

実施例

UR都市機構(独法)の集合住宅の地下ポンプ室に採用されている吸排気装置です。空気が淀み易い地下地表面まで、ダクトを介し外気を導入攪拌し、地上階対角面に配置してある動力換気口より強制排気させます。

○吸排気口

○ポンプ室

s1 s1

地上階通路に設置された給排気開口部には、ポンプ室の騒音と、動力換気扇の稼動による排気音の防音に採用される防音換気用消音器(IK式ノイズフィルター)と、雨水進入を防ぐIK式ルーバーが取り付けられています。

○外部、吸・排気口に取付けた、IK式ルーバー。

○吸気口室内側。新鮮な空気を地階まで誘導します。

s1 s1

○室内側排気口。排気型電動換気扇が付きます。

○IKルーバー防護部品。

s1 s1

(※)右側の写真は、枯葉・虫等の侵入を妨げる防護ネットが取り付けられています。(/optoinです。)


IK式防雨・防雪ルーバー

○積雪地対応の防雪性能。

○防雨・防雪型IKルーバー

ビル壁面 釧路市

こちらは、釧路市の水道ポンプ施設の換気(排熱)口に設置された、防雨・防雪対応IK式ルーバーです。防雪性能は実証済です。



住宅用IKルーバーは、 where to go こちらのページ です。