防振

logo

●支持土台に伝播する振動を防ぐ技術です。

防振材

重量物の衝撃音の緩和、動力装置の稼動に伴う振動を,防振ゴムに代表される防振材で抑える事により、振動に伴う音の発生を防ぎます。

現行の騒音規制値のレベルとしては現れませんが、はっきりしないが不快な音となって近隣に影響を及ぼします。

近年、低周波騒音として認知されるようになって参りました。



防振と go to there 音響遮断には密接な関係があります。



●空調室外機振音苦情の解決事例

 空調室外機  A・Iパッドを使用した遮音補強
s1 s2

go to there コモンベースと可撓管継手の一般例  音響遮断A・Iパッド取付例
s1 s1

輸送管用音響遮断継手

◎プラント

送水管に随伴する騒音・振動の緩和に用いられた使用例

go to there 音響遮断:継手とA・Iパッド  音響遮断継手A・Iジョイント
s1 s2

◎給水ポンプ

マンション等の給水装置に見られる振動を伴う低音域の騒音問題は、ポンプ装置の機械振動が土台・配管に伝わるものと、管内を流れる水の音、圧力変動に拠る振動等の、流水自体に由来する騒音があります。


go to there 架台に新設したA・Iパッド。  取付例
s1 s2
go to there 現地調査  防振ゴムの交換
s1 s2

築後数十年のマンションの大規模改修時に於いて、衛生保全に懸念のある、従来の屋上に水を貯める給水タンク型から、水道管直結タイプへの切替える設備変更工事が行われています。

空いた時間に少しづつタンクに給水する従来の水量では、あまり騒音問題はありませんでしたが、必要時に必要量を供給する随時稼働給水管直結タイプのポンプ装置の普及に伴い、顕在化してきたポンプ稼動時に伴う、低周波音域の騒音の問題の解決を図ります。


音響遮断継手 は、各種空調送風設備、特に各種大風量送風機(ブロア装置)に接続するダクト・配管に、防音目的でラギング工事を施す場合に、根本的な騒音源の低減に有効に作用します。

go to there 躯体貫通部への伝播を防ぐ。  天井吊具への伝播を防ぐ。
s1 s2

また配管経路に伝わる振動が低減することにより、配管支持部から建屋へ伝わる固体伝播音が顕著に減少します。