遮音

logo

騒音の発生源を囲い、周辺に漏れ出る音を防ぐ技術です。

遮音の方法としては壁の面密度を大きくして(壁を重くする≅壁を厚くする)遮音効果を高める、壁と壁との間を空間にして空気層を充填する、などが考えられます。

いずれの方法でも、一般的には壁がある程度厚くなり、状況により採用できない場合もあります。

弊社ではこれらの問題を解決するために、軽量で実用的な厚さでも十分に遮音性能が期待できる go to there 「軽量遮音工法」(特許取得) を独自技術で開発、採用しています。

軽量特性により扉、壁、天井など既設面に必要に応じて積層追加することができ、遮音の補強が得られます。


軽量遮音壁の用途

騒音源と外部を仕切る遮音壁、騒音源を囲い込むエンクロージャー、全体を覆う防音ボックス型、内外出入口に遮音性を高めた防音扉を取り付る、など様々な形態があります。

◎遮音壁<エンクロージャー> ◎プラント施設近隣騒音対策
遮音壁 遮音壁2
◎工場施設内遮音ブース ◎エンジン駆動非常用発電機防音シェルター
防音扉 シェルター
◎防音扉 (遮音扉) ◎録音スタジオ (遮吸音扉)
ラジエーター スタジオ

軽量遮音工法

マイクロサイレンサーボード(MSB)と、吸音材との層状構成によって完成します。

マイクロサイレンサーボード(MSB)は、軽量遮音工法の基本である"音を入れて消す"機能をもたせるために発見、開発した材料です。

マイクロサイレンサーボードは、単独では使用できませんがロックウールやグラスウールのような吸音材を併用することによって、木造、鉄骨造、RC造のいずれの内外壁材に対しても消音技研(株)独自のノウハウによって施工できます。

軽量遮音パネル

遮音性能は壁体の面密度により左右されます。これは同一素材の場合、壁体の厚さを意味します。

当社は特殊遮音材(M.S.B)と吸音材を交互に層状に積層し、“音を入れて消す”独自の工法を採用しています。

この工法および材料は、防音壁、天井、扉など、各種の遮音を必要とする場合に適しています。 三層構造(厚さ80mm)と五層構造(厚さ135mm) の遮音性能は下記の通りです。

消音量dB(A)

dB(A)\Hz  63  125 250 500  1K   2K   4K   8K 
三層 20 24 30 38 40 42 44 46
五層 28 30 40 50 56 58 58 58

この技術は、弊社の音響遮断技術と融合された go to there 浮床工法 に応用されています。

軽量遮音工法施工例

既存の躯体壁の内面に重ねて遮音性能を高めています。四方のガイド(ランナー)と遮音壁は通常用いられる防振ゴムでは無く、弊社独自のA・Iジョイントを使用し,遮音壁と周囲の構造壁の間の音響伝播を遮断しています。

◎軽量遮音パネルを用いた浮壁工法
S1

騒音発生源(機械室)の開口部に軽量遮音壁を取り付けてあります。内側の騒音を外部へ逃す事なく、換気と防音の両立を図ります。

◎防音換気エルボと消音・換気クン
S2

録音スタジオの施工例

録音スタジオの防音壁・床・扉の工事作業風景です。遮音効果と共に、吸音効果・音響遮断も加味されます。技術内容は go to there 吸音のページ もご覧下さい。

◎防音床施工中・・ ◎遮音間仕切と防音扉
S4 S4
遮音型防音扉 ◎消音換気口その1
S31 S4
◎ブース内防音換気口 ◎消音換気口その2
S31 S31

高度な遮音性能を求められる防音室に電力不要の防音ノイズフィルターを使用する事で換気性能を持たせます。この無動力無音自然換気技術は、弊社オリジナル製品の go to there 消音・換気クン 応用されています。

吸音について

次項に音場区画内の反響音を防ぐ go to there 遮吸音パネル について解説があります。